忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/21 17:42 】 |
水俣
゜・。*ヾ(´∀`o)+。才ノヽ…YΘ!!。_゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+
環境省は、高齢化に伴って症状の悪化が懸念される水俣病患者らの新たな治療法の研究に取り組む方針を決めた。
゜・。*ヾ(´∀`o)+。才ノヽ…YΘ!!。_゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+
 今秋以降、研究に協力する患者らを募り、病歴や症状などの情報をデータベース化。神経医療の最先端の知見を取り入れ、2018年度までに、症状を軽減するための治療法を確立したい考えだ。
゜・。*ヾ(´∀`o)+。才ノヽ…YΘ!!。_゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+
 水俣病の公式確認から58年がたって患者らの高齢化が進み、胎児性・小児性の患者も多くが50歳代後半を迎えている。加齢に伴い、メチル水銀中毒による神経障害で生じた筋肉の硬直などが進んで歩行が難しくなったり、全身のうずきや手足のしびれがひどくなったりしているとの訴えも相次ぐ。だが、慢性的なうずきなど、水俣病の症状の根本的な治療法は見つかっておらず、主にリハビリなどで対処しているのが実情だ。
゜・。*ヾ(´∀`o)+。才ノヽ…YΘ!!。_゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+
 一方で、神経内科や脳神経外科の分野では近年、新たな治療法が急速に発展。このため環境省は、こうした最先端の医療を治療に取り入れ、患者らの症状を改善する研究に乗り出すことにした。゜・。*ヾ(´∀`o)+。才ノヽ…YΘ!!。_゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+
PR
【2014/07/10 12:43 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>